ピンホール試験機NK1600(減圧凝固法)

ピンホール試験機 ピンホール試験機
特徴:

ピンホール試験機NK1600(減圧凝固法)

本製品は溶湯中のガスを簡易的に測定するための減圧凝固測定装置で、良否はサンプルの比重で判定します。
高品位アルミ鋳造品の場合、製品表面欠陥としてピンホール等の問題が常につきまといます。
現場管理において鋳造開始前の溶湯中のガス量の把握は後工程の溶湯処理に大変重要であります。

・水素ガス混入による鋳造欠陥を未然に防止できます。
・検査時間は約5分間です。
・排気定数と圧力到達時間を調節できるため、真空ダイカストマシンの雰囲気を再現できます。
・低コストで導入できます。

ピンホールサンプル

減圧凝固試験後のサンプルの様子です。
減圧凝固試験の比重値は、排気される水素ガス量によって異なります。
NK1600は、減圧条件を調整することにより、御社製品の不良率と相関の高い条件で凝固試験を実施できます。


備考欄:
商品についてのお問い合わせ
ページトップ