IA500 介在物画像解析(依頼試験)

IA500
特徴:

IA500 介在物画像解析

IA500介在物試験による、ろ過試験(PoDFA)を行った後、画像解析を行います。
画像解析を行う事により、総介在物量を定量して管理する事が可能となりました。
アルミニウム合金の品質管理・確認用途にご好評いただいております。

画像解析例
IA500例 上段・下段の画像
ろ過試験フィルター界面の画像です。
解析範囲内の介在物が青く表示されています。上が介在物の多いサンプル、下が清浄なサンプルです。

中段の画像
高倍率で撮影した画像です。
シリコン組織(緑)の中に介在物(青)が混在する様子が分かります。

新方式の画像解析
IA500新方式 新方式の解析方法では、次の2点が可能になります。

1. 画像内の任意の範囲を解析
左図のように、画像内の任意の範囲を解析可能です。 フィルター界面付近には存在しない浮遊酸化物の測定など、従来よりフレキシブルな測定が可能になります。
2. 介在物の粒度分析
粒度別に介在物量を解析可能です。不良の原因となる介在物について、より詳細に分析することができます。

豊富なデータベースとの照合
histogram AC4CH histogram ADC12
弊社で長年蓄積されたデータベースより、分析依頼いただいたサンプルの品質について、業界内での相対位置を把握できます。合金の調達先選定や、脱ガス処理の効果測定にお役立てください。
備考欄: 依頼試験を承ります。お気軽にお問い合わせください。
ろ過試験をご依頼の際は、1試料に付き3kg以上ご用意ください。5kg塊をご用意いただけると最適です。
また、製品等で試料をご用意いただく際には、試料に異物等の付着が無い事をご確認下さい。
特に砂型で鋳込んだ際の砂や、アルミ以外の金属部品等は、試験結果に影響しますので、ご注意ください。
商品についてのお問い合わせ
ページトップ